RSS

Cross+A パズルのバリエーション



スリザーリンク(Slitherlink)

シープ&ウォールブス(Shipu & Woruwusu、Sheep and Wolves)とは、スリザーリンクという種類のパズルの一つである。0から3までの数字以外黒の〇印(シープ)と黒の×印(ウォールブス)は入る。そのパズルが解けた後、「シープ」は閉じた線の内側に、「ウォールブス」は閉じた線の外側になければならない。

Sheep and Wolves




バトルシップ(Battleships)

ディジタル・バトルシップス(Digital Battleships)は枠には全て数字がある。横列、縦列の網の外の数字はそれぞれのシップの部分の合計を意味する。シップは繋がれない。

Digital Battleships


Retrograde Battleships (Reverse Battleships) contains all segments of the ships in the grid. The aim is to find the correct locations of the ships. No ship may touch another, even diagonally.

Retrograde Battleships




フィルオミノ(Fillomino)

長方形のないフォルイミノ(No Rectangles Fillomino)には追加ルールがある。ブロックは長方形または正方形の形にしてはいけません。

No Rectangles Fillomino


長方形のみのフォルイミノ(Only Rectangles Fillomino)には全てのブロックは長方形または正方形の形になっている。

Only Rectangles Fillomino


2×2 正方形のないフォルイミノ(No 2×2 Squares Fillomino)同じの数字が入っている2×2 正方形がないのは追加ルールである。

No 2×2 Squares Fillomino


非連続フォルイミノ(Non-Consecutive Fillomino)には縦・横に隣接するブロックに、数字の差は1になってはいけない。

Non-Consecutive Fillomino


一つ違いフォルイミノ(Consecutive Fillomino)に各ブロックは、一つ違いの数字が入っている少なくとも1つのブロックに縦・横に接する。

Consecutive Fillomino


縦・横列の重ならないフォルイミノ(No Row/Column Repeats Fillomino)縦・横列に配置する全ての同じの数は同じのブロックに入いっている。例えば、列には5が2つ入ったら、同じのブロックの5に限られている。

No Row/Column Repeats Fillomino


奇数の フォルイミノ(All Odds Fillomino)には全てのブロックの面積は奇数である。

All Odds Fillomino


偶数の フォルイミノ(All Evens Fillomino)には全てのブロックの面積は偶数である。

All Evens Fillomino




ぬりかべ(Nurikabe)

Line Nurikabe: a grid cannot contain five consecutive black cells in a row or column (2 x 2 cell area can be all black).

Line Nurikabe


塗り壁のペア(Pairs Nurikabe)には通常の塗り壁と違って、各島には数字が2つ入る。数字の合計は島の面積を表す。

Pairs Nurikabe




スカイースクレーパー(Skyscrapers)

ビルディングの和(Sum Skyscrapers)は変則ルールのビルディングパズルである。変則ルールは、外側の数字がその列で見えるビルの階数の和を表す、ということである。

Sum Skyscrapers




タパ(Tapa)

タパパズルのバリエーションがたくさんある。Cross+Aのプログラムは次のようなバリエーションを解ける。

タパライン(Tapa [Line])の変則による、4つの黒マスは縦・横に連続できない。

Tapa [Line]


スクウェアのないタパ(No Squares Tapa)には白マスの 2×2 の固まりを作ってはいけない。

No Squares Tapa


平等なタパ(Equal Tapa)には白マスの合計と黒マスの合計は平等である。数字を含めるマスは白マスではない。

Equal Tapa


黒白タパ(B&W Tapa):

  • すべての白マスは繋がる
  • 黒マスまたは白マスの 2×2 の固まりを作ってはいけない
  • 数字を含めるマスは白マスである

B&W Tapa


タパ島(Tapa Islands):

  • 白マスは「島」という繋がらない固まりを形成する
  • 各島にはヒント数字のマスは1つだけある
  • マスの数字の1つは島の面積を表す
  • 数字を含めるマスのない白マスの島もある

Tapa Islands


パタ(Pata):

  • 数字は、そのマスの周囲の白マスの数を表す
  • 白マスの固まりの間に少なくとも1つの黒マスが入る

Pata


タパバランス(Tapa Balance)には盤面の右側にある黒マスの合計と左側にある黒マスの合計は平等である。白マスとヒント数字を含めるマスを数えない。

Tapa Balance


タパの列(Tapa Row)には縦・横列の数字の合計は、その列の黒マスの合計を表す。

Tapa Row


タパ1-n (Tapa 1-n)にはすべての列の黒マスの合計は異なる。

Tapa 1-n


分割されたタパ(Dissected Tapa)には黒マスと白マスは2つの合同図形を成形する。合同図形はサイズも形も全く同じである。

Dissected Tapa


タパ[斜めの隣接](Tapa [Diagonal Neighbors])には各黒マスは少なくても1つの黒マスに斜めに隣接する。

Tapa [Diagonal Neighbors]




バッグ(Corral)

インサイド/アウトサイドバッグ(Inside/Outside Corral)とはバッグパズルの変動の1つである。通常のバッグと違って、盤面の数字は輪の内側だけでなく、外側にも入ることができる。いずれの場合も、ヒント数字は、 その数字から上下左右4方向にまっすぐ進み、輪の線にたどりつくまでの、その数字を含めてのマスの合計を表す。

Inside/Outside Corral




アルコネ(Arukone)

Arukone3:

  • Every line must not cover 2 x 2 area.
  • All cells in the grid must be filled.

Arukone




ABCプレース(Easy as ABC)

Not as Easy as ABC is a variation of Easy as ABC puzzle. The goal is to fill in the first letters of the alphabet on every row and every column exactly once. One cell in every row and every column remains empty. Letters and numbers on the outside indicate at what position you come across this letter when looking from that side (e.g. C2 means the C is the second letter encountered when looking from that side).

Not as Easy as ABC




イチマガ(Ichimaga)

交差もするの(Crossing Ichimaga): the lines may cross other lines; the lines cannot change direction at the point of intersection.

Crossing Ichimaga


磁石イチマガ(Magnetic Ichimaga): the circles with the same digits cannot be connected.

Magnetic Ichimaga




Snake

Multiple Snakes: a grid contains multiple snakes. Head and tail of all snakes are given. Different snakes do not touch each other, even diagonally.

Multiple Snakes


Toroidal Snake: a grid wraps around itself. A snake can go from one edge to another.

Toroidal Snake




マインスイーパ(Minesweeper)

Double Minesweeper: place mines into each empty cell in the grid, at most two mines per cell.

Double Minesweeper




ミルクティー(Milk Tea)

Milk Tease is a variation of Milk Tea puzzle. T-shaped line may connect:

  • one black circle and two white circles;
  • one white circle and two black circles.

Two circles of the same color must be connected by the straight-line segment of the T-shaped line.

Milk Tease




美術館(Light Up)

Mirror Akari ("!irakAkari!"): a square or rectangular grid contains diagonal walls (black triangles) with mirrors.

  • No two bulbs shine on each other, even by reflected light. A bulb cannot shine on itself.
  • If a cell contains a diagonal wall ("mirror"), it should be lit.
  • If a cell contains a diagonal line ("two-sided mirror"), both sides of a mirror should be lit.
  • A cell with a mirror cannot contain a bulb.

Mirror Akari




パーキング(Tren)

Tren+:

  • Each block contains exactly one number or a question sign (unknown number), indicating the amount of its possible movements.
  • All cells that are not part of any block must be connected horizontally or vertically.

Tren+


Ghost Tren:

  • Blocks can also be placed without any numbers, with no restrictions on their ability to move.
  • All cells that are not part of any block must be connected horizontally or vertically.

Ghost Tren




ムーブナンバー(Mubunanba)

Mubunanba+:

  • Each block contains exactly one digit or a question sign (unknown digit), indicating the number of possible directions to move a block.
  • All cells that are not part of any block must be connected horizontally or vertically.

Mubunanba+